Linux

TCP接続を集約表示するlstfでNetlinkにより実行速度が1.6倍になった

Linuxサーバ上でホスト間コネクションを集約表示するツール lstf をつくった - ゆううきメモ にて紹介したlstfのホスト上のTCPコネクション情報の取得処理において、/proc/net/tcpを読みだす代わりに、Netlinkソケットを利用することで、実行速度が1.6倍にな…

Linuxサーバ上でホスト間コネクションを集約表示するツール lstf をつくった

概要 netstatやssコマンドにより、あるホストと他のホストとのコネクションを一覧表示できる。しかし、Webシステムの場合、クライアントが並行接続するため、 同一ホストから複数のポートを介してコネクションを確立しているケースが多い。コネクション数が…

LinuxサーバでネットワークI/Oで刺さっている接続先を発見する

Linuxサーバの障害対応で社内で伝統的に使われているテクニック。I/Oで完全にブロックしているポイントを特定するノウハウ。 問題対応のため、怪しいプロセスをstraceしてみる read(2)やwrite(2)でブロックしていることを発見する read(2)やwrite(2)、connec…